札幌市の水道修理店 豊平区・西区・中央区・東区・清田区・北区・石狩市の営業所より迅速修理対応!
 札幌市水道局指定工事店です   各種クレジットカード払いもできます! 夜10時まで営業

札幌の水道修理専門店
SOSサポート 札幌水道修理センター

給湯ボイラー・湯沸かし器まわりの修理

Copyright © 札幌水道屋さん SOSサポート 2009 All Rights Reserved.
サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます


運営者 札幌水道屋さん SOSサポート    本社 札幌市豊平区美園5条4丁目1

給湯器付近の配管修理




給湯器から水が漏れるとのことで、お伺いしたところ、給湯器本体ではなく、給湯器まわりの給水管からの水漏れでした。

(このように、給湯器や湯沸し器、ボイラーなどの給湯機器本体から水漏れしていると思っても、あたりの配管や水栓金具などから水がもれている場合は多々あります。)

今回は配管がひどく劣化していたため、1.5mほど距離をとって、銅管に交換修理しています。

(施工後は、銅管にサビ止めの塗料を塗ってのシルバー仕上げとなります)





給湯器まわりの水漏れ修理



ガス給湯器下から水もれするとのことでご連絡いただきました。

調査したところ、給湯器とフレキシブル配管のつなぎ目から水漏れしていました。

このような場合は、パッキンの交換、もしくはフレキシブル配管の交換で作業完了します。

※ ガス給湯器本体内部から水がもれてくる場合については、水道業者ではなく、ガス屋さんか給湯器メーカーのメンテナンス部門での修理になります。

給湯器廻りの水道管や水道器具の故障や水もれ修理については、当社のような水道修理業者の対応範囲になります。水もれ箇所により、ご判断ください






湯沸し器まわりの水道修理



写真はガスを使用する瞬間湯沸し器です。

この湯沸かし器本体の故障や、本体内部からの水漏れについては、ガス屋さんや湯沸し器メーカーさんでの修理対応になることがほとんどです。

弊社などの水道業者で修理対応が可能なのは、湯沸器まわりの配管や水栓器具の故障・水もれの場合のみになります。

どのような症状なのかによって、対応業者が違ってきますので、ご不明な場合はお気軽にお電話ください





給湯器ボイラーの取り替え工事



長期間ごまかしながら使用していた給湯ボイラーが、とうとう使用できなくなったことで、ボイラー本体の交換をすることになりました。

貯湯式の同タイプのボイラーへの交換になっています。

ボイラーまわりの配管や、弁体、まで一式交換しました。

今回は、ボイラー設置部廻りの壁紙や床のクッションフロアも変色してひどかったため、ボイラー交換と合わせて、内装工事も同時におこなう運びとなりました。

このほかにも、給湯パワーがある容量の大きいボイラーへの交換や、壁掛けタイプの交換も承っております





給湯ボイラーがエラーになったり燃焼しなくなる



ボイラーが古くなってくると、本体に不可がかかって、

加熱して熱くなったり、ひどい時には煙が出てきたりします。

このような場合には、危険ですので、スイッチを切ったり電源を抜いて

すぐにボイラー交換を手配ください。

また、ボイラー内部の故障で、

燃焼せずにぬるいお湯しか出なくなったり、

途中で作動せずに止まってしまったりすることがあります。


このような場合には、修理で直る場合もありますが、

年数が経っている場合には他の箇所も次々壊れてしまう可能性が高いため、

ボイラー交換したほうが良い場合もあります。
詳しくは、お電話で症状をお知らせください





温水器の排水金具修理



電気温水器やボイラーなどには、必ず本体の水を抜くための排水が付いています。

昔の建物は、この排水が鉄製のものでつくられているため、年数が経つと腐食して破損してしまうことがあります。

今回のケースでは、排水を流すところについている「ホッパー」という部材が劣化して穴があいていました。

床下部分で排水管と接続されているため、交換には床を一部剥がす必要があります。

この場合では、床がクッションフロアー(CF)のため、一部を剥がし、床板を開口し、床下の排水管部分から一部排水交換とホッパー交換をしました。

配管作業後も、その場で床の補修作業を行います。

パッと見ただけでは、どこを解体したのかわからないくらいの仕上がりになります





湯沸し器ボイラーまわりの部品交換



給湯ボイラー付近から常に水もれの音がするということで依頼をいただきました。

お客様はボイラー本体が壊れていると思っていたようですが、ボイラー自体は問題なく、ボイラーまわりに設置されている水道器具の不良でした。

ボイラー周りには、減圧弁や安全弁(逃がし弁)などの弁体が取り付いていて、それが故障すると常時水漏れしたり、そのままで使用を続けるとボイラーに不可がかかってボイラー故障の原因になったりもします。

水もれ音が気になったら、放置せずに早めの対処が必要です





ボイラーのサビつまりトラブル



通常、水道管内の錆がひどく、配管途中で錆詰りがある場合でも、分解などして修理できるケースが多いものですが、今回の事例はどうにも対処できずに大掛かりな工事になってしまったケースを紹介します。

ボイラーというのは、水の入り口や配管途中にに錆が内部に入り込まないようにストレーナが付いていますが、そのストレーナを通り越してボイラー内部で錆詰まりしてしまっていました。

分解しきれない箇所のため、必然的にボイラー本体の交換工事になってしまいました。

水道管で錆詰りの兆候があった場合には、早めに水道管交換を視野にいれておかなければ、今回のボイラーのように高額な水道周りの器具・器材にも影響を及ぼすことがありますので、お気をつけください





給湯器まわりの配管修理



ガス給湯器まわりで水漏れしていた事例です。

本来、ガス給湯器本体からの水漏れであれば

給湯器の供給先であるガス屋さんへの

修理依頼が必要になってきます。

しかし、ご連絡いただいた時点でのお客様のお話では

ガス給湯器本体からの水漏れなのか、

給湯器につながっている水道管や付近の器具からの

水漏れなのかが判断できないということでしたので

調査のためいちど現地にお伺いすることになりました。

確認したところ、

ガス給湯器に接続されている配管部分での水漏れだったため

一部の配管と部品の取り替えで修理が可能でした。

今回は水道業者で対応できる範囲での水漏れでしたが

水漏れ箇所によっては

別途お客様から製造メーカーさんや

ガス会社さんへご依頼を切り替えていただくこともありますので

ご了承ください。


■ SOSサポート 給湯器ボイラー ページ
menu

本社 札幌市豊平区美園5条4丁目1

営業所 中央区・西区・東区・北区・清田区・石狩市花川
(※ お近くの営業所からお伺いします!)
年中無休
朝8時~夜10時まで

通話無料ダイヤル TEL 0120-700-176

水のトラブルに関するご依頼&お問い合わせは

通話無料ダイヤル
TEL 0120-700-176 まで!
(年中無休 朝8時~夜10時まで 日祝日も通常営業してます)


トップページ


代表のご挨拶


お客様の推薦の声


出張修理対応地域


ご依頼手順


会社概要





水道修理サービス一覧


トイレの詰まり・水漏れ


台所の詰まり・水漏れ


お風呂の詰まり・水漏れ


洗面所のつまり・水漏れ


洗濯のつまり・水漏れ


蛇口の水漏れ修理・
パッキン交換


給湯器・ボイラー交換


水道管水もれ・
配管の修理・工事


水道つまり・赤水トラブル


排水詰まり修理・
排水管交換


マンホール修理・
下水の詰まり


水道管凍結・
排水管凍結修理


スノーダクト清掃・凍結


水抜き栓・元栓の修理


換気扇の交換・修理


水廻りのリフォーム工事


その他の水道修理





よくある質問




リンク集



誠心誠意、お客様の
お役に立てるよう
社員一同真摯な対応を
お約束します!